FC2ブログ

臥頭狂一のエロ小説ブログ。※18歳未満閲覧禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

亜耶芽忍法帖 其の弐



 そして二年が経ち、亜耶芽は十二歳になっていました。まだ背も低く胸もふくらみはじめたばかりですが、お尻は丸みを帯びてきていて女を意識させます。六角雁磨に毎夜弄ばれ、源哉爺には日々房術を仕込まれつづけたせいか、年齢に似合わない艶かしさを身につけていました。亜耶芽が里を歩くだけで男たちの目は奪われ、若い者などは前屈みになって股間を押さえる者も出る始末です。
 未だ幼い少女とはいえ、すでに里の中では亜耶芽と争えるほどの容貌をもつ娘はひとりとして存在しません。後ろ髪に縛った黒髪はつやつやと輝き、瞳は黒メノウのように深い光彩を放っていて、見つめると吸い込まれてしまいそうな妖しさがあります。頬はまだ子供らしくややふっくらとしていますが、なめらかな肌はいかにも柔らかそうで、男ならずとも触れたいという欲求を抱かせました。そして、やや厚めでしっとりと濡れたように見える唇が、幼い貌にな艶としたものを与えています。加えて長い手足が、子供らしさより女らしさをつよく印象づけていました。
 天から授かったような美貌をもつ少女でしたが、いつも孤独を胸にかかえていました。亜耶芽に関心を持つ男は山ほどいましたが、誰も声すらかけようとしません。女子供や老人も同じです。遠巻きに見つめて心奪われることはあっても、近づくことはありませんでした。いまの首領に殺害された、前首領の娘だということが理由のひとつ。革命によって倒された前政権を否定することで、現政権は成り立っているところがあるからです。たしかに前首領の娘と表立って仲良くすれば、現首領から叛逆の芽ありと睨まれるかもしれません。しかしながら彼らが亜耶芽を避ける最たる理由は、六角雁磨との爛れた関係を知っているためでした。
 首領である雁磨が亜耶芽にひどく執着していることは里中に知れ渡っていました。雁磨が夜な夜な犯していることはもちろん、亜耶芽を抱かなければ眠れなくなっているとまで噂されています。それは首領の夜伽をつとめる妾たちが、この二年で四人も追い出されていることから半ば証明されてしまったようなものでした。女好きで絶倫と自ら豪語する雁磨が、抱える妾の半数を解き放つということは普通では考えられません。年端のいかない少女に夢中になり、ほかの女を抱く回数が減っているということのあらわれです。また、用件があって首領屋敷を訪れた者が、昼間から亜耶芽とまぐわっている雁磨を見たという噂も流れていました。いずれにせよ、亜耶芽が雁磨の一番のお気に入りであるということは間違いなく、それだけに里の者は亜耶芽に近づくのをおそれ、または忌み嫌って避けていました。
 若い男が亜耶芽に話しかけているのを、雁磨が知ったらどうなるでしょう。首領であるとはいえ、雁磨は凶暴なことで知られています。一刀のもとに斬り捨てられてしまいそうでした。
 母親たちは、首領の性奴隷のように仕える亜耶芽を、淫らな婢女(はしため)と罵り、子供を近づけないように教育していました。若い女たちも同様で、その美貌への嫉妬も手伝って亜耶芽を蔑み、路上で出会うとあからさまに不快な態度をあらわし、地面へ唾を吐きました。
 すでに家庭を持っている男たちはなおさらです。首領には睨まれたくないし、亜耶芽を蛇蝎のごとく嫌悪している妻の目が怖い。村社会ですので旦那の噂はすぐ妻の耳に入ります。忍者としての任務のついでに町で遊女を相手にすることはできても、里の中では悪いことはできませんでした。
 亜耶芽は友だちの一人も無く、ひとりぼっちで日々を過ごしておりました。話す相手といえば、話術や詐術などのクノイチの師匠と、房術の仕込み師である源哉爺、そして憎き父の仇である雁磨だけです。
 クノイチの師匠は老齢に達している女性です。亜耶芽の女忍者としての才能を多分に認めてはいましたが、師と弟子の関係にすぎません。修行の間だけのつきあいであり、孤独を癒してくれる相手にはなり得ませんでした。本心では里のほかの女たちと同じく亜耶芽を嫌っているようで、修行以外のことでは口もきいてもらえません。
 源哉爺はぎらぎらとした男の欲望をたぎらせているだけで、亜耶芽の身体を求めてはいるだけのひひ爺です。嫌悪の対象であり、話し相手になってほしいと思ったこともありませんでした。
 雁磨にいたっては父の仇であり、また自分自身の仇でもありました。雁磨は夜ごと、時には修行を中止させてまで白昼のうちから亜耶芽を押し貫き、弄びました。はじめて雁磨に犯されてから二年間、源哉による房術の仕込みの効果もあって少女の肉体は淫らに華ひらいてしまっています。亜耶芽は淫らにつくりかえられた身体が恨めしく、汚れてしまった自分が悲しくてなりません。清潔な自分を奪った男としても、雁磨は許されざるべき仇敵でした。
 しかし、まだ復讐のときではありませんでした。雁磨を倒すには、亜耶芽はまだあまりにも力不足です。いまだ雌伏のときであり、少女はまだ幾年か耐える必要がありました。亜耶芽の辛い毎日は、まだまだ終わりを告げそうにありません。


 次回のお話(其の惨)
 前回のお話(其の壱)

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

  1. 2009/12/21(月) 17:20:28|
  2. 亜耶芽忍法帖
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<亜耶芽忍法帖 其の惨 | ホーム | 亜耶芽忍法帖 其の壱>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://enrico44.blog15.fc2.com/tb.php/4-8829cea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

臥頭狂一

Author:臥頭狂一
(がとうきょういち)
 日々、頭痛に悩まされながら官能小説を書いています。
 いろいろなジャンルに手を出していくつもりです。よろしければ読んでいってください。
 感想、お気づきの点など、コメント、メールでいただけると励みになります。よろしくお願いします。

最新記事

カテゴリ

エロ小説 (62)
小説一覧 (1)
短編 (5)
亜耶芽忍法帖 (8)
鉄砲打ちのバルゴ (3)
伊作と山姥 (3)
赤いバラの咲く庭で (11)
馬鹿で一途でふしだらな。 (4)
陵鬼の森 (5)
あかね色のやくそく (3)
恣(ほしいまま)~共有される幼な妻~ (10)
僕の従順すぎる幼妻が何度叱ってもお風呂でおしっこをします。 (9)
はじめに。 (1)
未分類 (0)

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。