FC2ブログ

臥頭狂一のエロ小説ブログ。※18歳未満閲覧禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

亜耶芽忍法帖 其の惨



 蒸し暑い日が続いていました。地面は乾ききっていて、もやもやとしたゆらめきが立ち昇っています。すでに日は落ちかけているというのに、突き刺す光にはまったく容赦がありません。
「おい、亜耶芽だっ……!」
「ば、馬鹿、声がでけえよ。どれどれ……」
 遠くから、若い男の声が聞こえます。亜耶芽は里のはずれにある井戸で渇いた喉を潤そうと、釣る瓶の桶に口をつけているところでした。
 ふたりの男は下忍で、まだ十七、八の下っ端でした。遠くから評判の美少女を、喉を鳴らしながら食い入るように眺めていました。
「ごくっ……あの脚、見てみろよ」
「あれでまだ十二だってんだろ……いやらしいケツしやがって」
 男忍者ほど厳しいものではありませんが、クノイチも体術などの戦闘訓練を行います。そのために身につけている小袖は動きやすいように丈が短く、膝の上までしかないものでした。男忍者はの忍者袴と呼ばれる軽装の袴を着用することもありますが、クノイチが下衣をつけることはほとんどありません。生脚が男の気を惹き、惑わすのに役立つためです。
 亜耶芽の小袖は成長が著しいためか他のクノイチと比べてもさらに短く、ようやくお尻を隠せるくらいしかありません。水を飲むために屈んでいるため、朱色の小袖のお尻部分が引っ張られて、丸いかたちがよくわかります。すらりと伸びた長い脚を見て、男たちが唇を舐めまわしました。
「も、もうちょっと屈まねえかな。亜耶芽のまんこ……見てえ」
「馬鹿、知らねえのかよ。クノイチはふんどししてるんだとよ」
「えっ、何でよ」
「そりゃあ、あんだけ裾が短けりゃ、見えちまうからだろ」
 彼らの言うとおり、亜耶芽はふんどしを着用していました。この時代、女性は下着を着用しないのがふつうです。しかし、裾を短くしたクノイチは秘所を露出させておくわけにもゆかず、ふんどしを着用する者が多かったのです。
「けど、ふんどしってのもまた……亜耶芽がふんどし姿で、首領の前で大股開いてると思うと……」
「ああ……亜耶芽と犯ってみてえ。首領はいいよなあ、毎晩毎晩、亜耶芽のまんこにずっぽりチンポ突っ込めるんだからよ」
「……勃っちまったよ。ちっ、今日も亜耶芽でセンズリだ。せめて夢の中でめちゃめちゃに犯してやる。たっぷり注ぎこんでやるぞ」
 若い下忍ふたりは小声で話しているつもりですが、亜耶芽にはすべて聞こえてました。クノイチの修行には情報収集のために、小さな音も聞き逃さない『遠耳の術』があるのです。もちろん男たちは承知の上で聞こえないように話しているつもりだったのですが、亜耶芽の耳は彼らの想像を超えていました。師匠をも凌駕する亜耶芽の耳は、一町(約百九メートル)先に落ちた針の音でさえ聞き分けることができます。彼らの下卑た会話内容はすべて丸聞こえでした。
(また、あたしを見て……やらしい話、してる……)
 珍しいことではありませんでした。亜耶芽の存在は、人の目を惹きつけました。亜耶芽を遠巻きに眺めながら、男衆なら欲望を込めた視線を浴びせながら卑猥な話を、女たちなら敵意を剥き出しに睨みつけて口汚く罵りを吐き出すのです。遠耳の術を身につけてしまったおかげで、遠慮の無い視線だけでなく、聞きたくない声までもが少女の幼い心を傷つけます。
 以前はどちらの目も、嫌で仕方ありませんでした。獣のような男たちも、仇のように思われている女たちも。けれども、最近では亜耶芽の身体に変化があらわれ、男たちの淫猥な言葉に反応するようになっていました。男が自分の身体を求める発言が耳に入ると、自然と身体が熱くなりました。とくに、若い男の欲望を隠そうともしない下卑た言葉には、少女の幼い女の部分が火照りだしてしまうのです。
 日々繰り返される房術仕込みと首領の六角雁磨への『おつとめ』のせいで、少女の小さな肉体は女の悦びをすでに知ってしまっていました。淫らに調教された亜耶芽の身体は、弱冠十二歳の幼い身ながら男の欲望が発する獣の匂いを求めずにはいられなくなっていたのです。
(あたしで……せんずり、するって……あたしを犯すことを想いながら、おちんちん……擦るの……?)
 ごくり、と亜耶芽は口中に溜まった唾液を飲み込みました。男たちは離れたところから、いまだ少女の下半身を凝視しています。痛いくらいに視線を感じ、女の奥から滲んでくる液体がふんどしに染みてゆくがわかりました。
 井戸にもたれたまま、股間に伸ばしそうになる手を押さえ、淫らな妄想を浮かべつつある頭をぶるぶると振ります。
(いけない……。これから、源哉爺のところへ、行かなきゃ……)
 亜耶芽は詐術の訓練を終え、房術の修行のために源哉のところへ向かう途中でした。そのことを思い出し、淫らに火照ったままの身体で歩き出します。ふらふらと覚束ない足取りで歩く少女の姿は、後ろから見るとまるでお尻を振って男を挑発しているようでした。ふたりの若い下忍は亜耶芽の小さくまるいお尻を、しばらく息をするのも忘れ、姿が見えなくなるまで見つめつづけていました。


 次回のお話(其の四)
 前回のお話(其の弐)

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

  1. 2009/12/21(月) 17:44:47|
  2. 亜耶芽忍法帖
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<亜耶芽忍法帖 其の四 (27枚) | ホーム | 亜耶芽忍法帖 其の弐>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://enrico44.blog15.fc2.com/tb.php/5-daaacc45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

臥頭狂一

Author:臥頭狂一
(がとうきょういち)
 日々、頭痛に悩まされながら官能小説を書いています。
 いろいろなジャンルに手を出していくつもりです。よろしければ読んでいってください。
 感想、お気づきの点など、コメント、メールでいただけると励みになります。よろしくお願いします。

最新記事

カテゴリ

エロ小説 (62)
小説一覧 (1)
短編 (5)
亜耶芽忍法帖 (8)
鉄砲打ちのバルゴ (3)
伊作と山姥 (3)
赤いバラの咲く庭で (11)
馬鹿で一途でふしだらな。 (4)
陵鬼の森 (5)
あかね色のやくそく (3)
恣(ほしいまま)~共有される幼な妻~ (10)
僕の従順すぎる幼妻が何度叱ってもお風呂でおしっこをします。 (9)
はじめに。 (1)
未分類 (0)

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。